知っておこう!スムージーのメリット

野菜や果物を効率よく摂取できるスムージー。しかし野菜や果物を摂るならスムージーにしなくてもそのまま食べれば良いのではないか、と思う人もいらっしゃるでしょう。
では、スムージーとして摂取することのメリットとはどのような事でしょうか。

スムージーのメリット

必要な栄養が摂れる

一日に必要な果物の摂取量は200g野菜は350gですが、この量を毎日の食事でしっかり取ることができる人はあまりいらっしゃらないでしょう。
スムージーであれば、一杯で多くの野菜と果物を摂取することができるため、足りない栄養素を簡単に補う事もできます。
丸ごと使うことで食物繊維が、また熱を加えない事でビタミンやミネラルを壊すことがなく、多くの酵素も摂ることが可能です。

効率よい消化吸収

スムージーはブレンダ―やミキサーで野菜や果物を細かく撹拌します。細かく砕かれている事で胃や腸への負担が少ないこと、また野菜の栄養素は細胞壁にしっかりと囲まれているため、それを砕くことで効率よく吸収することが可能です。よく噛んで細かくすることでも同じような効果を得ることができますが、スムージーであればより楽に摂取できることがメリットです。また、通常の調理では捨ててしまうことの多い部分は栄養素や食物繊維が豊富な事も多々ありますが、スムージーではそのような部分も摂取することが可能でしょう。
組み合わせる素材により、苦手と思っている野菜も摂取することが可能になることが期待できます。無理なく必要な栄養素を摂取しやすいでしょう。

塩分や油分のカット

美味しい食事は満足感を得られるものですが、その分塩分や油分が多く使われています。特に食生活の偏りが気になる人にとっては、栄養素やカロリーと共に塩分や油分の量も気になるところです。
スムージーにはどちらも含まずに作ることができるため、1食に置き換えるなどすることでカットすることが可能です。

ダイエットとして

ダイエットをするにあたり、気になる事は空腹感に耐えられるかどうかでしょう。スムージーはローカロリーで作ることをしっかりと行っていれば、1食の食事代わりにしたとしても大幅にカロリーをカットできる上に、満腹感を感じることも可能です。
効果は緩やかではあるものの、食事を抜いてのダイエットよりも楽にダイエットを行うことができ、極端にカロリーを減らすことがなく栄養素も豊富に摂取できるため、健康的でリバウンドのしにくいダイエット法と言えます。

簡単に作ることができるスムージー

食材を調達し、刻むなどの下ごしらえをして作るスムージーも良いでしょう。しかし、忙しい人にとってはなかなか続けることが難しい場合もあります。スムージーの中には粉末タイプや冷凍タイプなどの種類も豊富に販売されているため、より手軽に作ることができる場合があります。
簡単に作れ、手軽に効率よく栄養素を摂取できるのがスムージーの最大のメリットでしょう。

このページの先頭へ