ベジーデル酵素グリーンスムージーの美味しいオススメの飲み方と飲むタイミング

グリーンスムージー生活を楽しく続けるための秘訣

健康や美容・ダイエットなどにグリーンスムージーを取り入れた生活をする方が増えています。
グリーンスムージーとは、野菜や果物を自分の好みで組み合わせて作る健康飲料ですが、健康も美容もダイエットも短期間ではなく、毎日長く飲み続けることが大切になります。
そう考えると、新鮮な野菜や果物を毎日常備しておかなくてはならず大変です。
また材料を揃えることから自分でやるとなると、偏ってしまいがちですし、たくさんの種類を揃えることも難しいでしょう。

そこで、たくさんの材料から作られている粉末タイプのグリーンスムージーが注目されています。
いろいろなメーカーから販売されているので、何がいいのか選ぶのも難しいことでしょう。
栄養・効果・コスト・そして味でしょうか。

毎日続けることなので、美味しくないと辛いですよね。
そこで、色々とアレンジして摂れる「ベジーデル酵素グリーンスムージーの飲み方」を紹介します。

口コミでのオススメの飲み方一覧

年齢・性別ベジーデル酵素グリーンスムージーのオススメの飲み方
27歳男性炭酸割にレモン
30歳女性ヨーグルトとシェイクする
21歳女性ミネラルウォーターで
33歳女性水割り
26歳女性豆乳割り
31歳女性ヨーグルトを混ぜてシャーベット風
45歳女性甘酒スムージー
54歳男性レモン風味の炭酸割
30歳女性そのままスタンダードにと、牛乳割り
36歳女性のむヨーグルトと一緒に飲む
30歳女性ザクロ酢割り

ベジーデル酵素グリーンスムージーのランキング1位の飲み方はコレ!

豆乳割り!

豆乳のとろみ、さっぱりとした味はベジーデル酵素グリーンスムージーの味とよく合うと口コミでも人気の飲み方の1つでした。

ミネラルウォーターで

まずは水で溶かして作ってみてください。
見た目は青汁のようですが、青臭さはなく、甘酸っぱいミックスベリー味なので、野菜が苦手な方でも、美味しく飲めると思います。

ヨーグルトで

飲むヨーグルトに混ぜてみてください。
飲むヨーグルトのベリー味のような感覚で、美味しく飲みやすく仕上がりになります。
食べるヨーグルトに混ぜて、仕上げにきな粉をかけるのもオススメです。
飲むのではなく食べると満足感もより味わえていいですね。

豆乳や牛乳

豆乳をストレートで飲むのは苦手という方も少なくないのではないでしょうか。

ところが、ベジーデル酵素グリーンスムージーを混ぜると、ミルクシェイクのようになり豆乳が美味しく飲みやすくなります。
豆乳の栄養とベジーデル酵素グリーンスムージーの栄養を同時に、しかも美味しく摂れるのは嬉しいですね。

牛乳に混ぜるのもオススメです。
甘いベリーミルクのような感じに仕上がります。
牛乳は苦手という方も、ベジーデル酵素グリーンスムージーを混ぜると美味しく飲めるようになるかもしれません。

ナタデココヨーグルトスムージー

ヨーグルトにベジーデル酵素グリーンスムージーを混ぜて、ナタデココを乗せれば完成です。
ナタデココとスムージーの相性がいいのは意外かもしれませんが、オススメのレシピです。

シャーベット風スムージー

ヨーグルト3/4カップを製氷皿などで冷凍させ、それに水を大さじ3と、ベジーデル酵素グリーンスムージー10グラムをミキサーにかけると完成です。
飲むのとは全く違う摂り方で、オススメです。

このように、水や牛乳、豆乳などは他のグリーンスムージーでもアレンジができるものもありますが、ナタデココやシャーベット風などにアレンジが利くのはベジーデル酵素グリーンスムージーのオススメポイントです。
毎日のことなので、色々とアレンジできるものの方がより美味しく楽しく続けられますよね。

ベジーデル酵素グリーンスムージーの効果的な飲むタイミング

飲むだけでなく食べ方でも色々とアレンジができ、美味しく楽しく続けられそうですが、次に、より効果を得るために「ベジーデル酵素グリーンスムージー」の効果的な飲むタイミングを紹介します。

ベジーデル酵素グリーンスムージーは、「サイリウム」と「グルコマンナン」という食物繊維が配合されているので、満腹感が得やすいスムージーです。
しかも、ビタミンB1・B2・B6・ビタミンCなど、たくさんの栄養素が含まれているので、置き換えダイエットが効果的にできるスムージーと言えます。

食事の前に摂ることで、お腹がいっぱいになった状態で食事を摂ることになるので、食べ過ぎも防げることと思います。

置き換えダイエットは、どの食事を置き換えても良いですが、カロリーのことを考えると夕飯を置き換えると1日のトータル摂取カロリーは抑えられることと考えられます。
また、朝食を置き換えるのも意味があり、1日のうちで一番空腹な状態である朝食をスムージーに置き換えることで、体はしっかりと栄養素を吸収する働きがあります。

スムージーを飲む目的に合わせて、置き換え・食事の前・おやつ代わりなど、飲むタイミングを選んでください。

たくさんの栄養をしっかり摂って、それぞれの目的を達成できますように。

このページの先頭へ