ベジホッとの美味しいオススメの飲み方と飲むタイミング

温かいスムージー「ベジホッと」で、体を冷やさず健康的にダイエット

スムージーが注目されています。
生の野菜と果物と水や牛乳をミキサーで撹拌させて作るもので、それだけの量の野菜や果物を食べるのは大変ですが、撹拌させることでカサが減るので摂りやすくなります。
美容に健康に野菜の摂取は欠かせません。

ダイエットをすると、どうしても食事制限で栄養が偏りがちにもなりますが、スムージーを摂ることによって栄養をしっかり補給するという意味もあります。
しかし毎日その都度、作るのは手間ですし、野菜や果物を毎日揃えるのも大変です。

そこで最近、粉末タイプのスムージーが話題になっています。
粉末タイプのスムージーを水や牛乳などに混ぜて飲むというものです。
これは簡単なのでとても良い!と思いますが、水や牛乳に混ぜて摂ると体を冷やしてしまう心配があります。
ダイエットにも健康にも冷えは厳禁です。
温かいスムージーがあったらいいと思いませんか?

そこでオススメなのが「ベジホッと」です。
お湯に溶かして作るスムージーなので、体を冷やす心配がありません。

ベジホッとスムージーオススメの飲み方

健康のため、美容のため、ダイエットのために、スムージーを摂りたいけれど、水などで作ると体が冷えてしまうのが気になる、そのような方にオススメの、お湯で作るポカポカ新感覚のスムージー「ベジホッと」オススメの飲み方を紹介します。

口コミでのオススメの飲み方一覧

年齢・性別ベジホッとのオススメの飲み方
31歳女性水割
34歳女性お湯割り

ベジホッとのランキング1位の飲み方はコレ!

水・お湯割りが一番オススメと口コミで好評です。

基本はお湯で

まずは、お湯で作ってみましょう。
カップに、お湯とベジホッとを入れて、スプーンなどを使い混ぜてください。
たったこれだけで完成です。
少し時間をおくことで、トロみがでるので、飲むというより食べる感覚になるので、満足感も更に得やすくなります。

ホットミルクでも

お湯で作るのと同様の手順で作ります。
カップに、ホットミルクとベジホッとを入れて、スプーンなどを使い混ぜてください。
牛乳で作る分、カロリーが高くなりますが、牛乳の栄養が摂れますし満腹感も更に得られるでしょう。

ヨーグルトにも合います

温かい飲み物ではなくなりますが、ベジホッとはヨーグルトにもよく合います。
ベジホッとは、お湯を注いで時間を置くことでトロみが出るので、より満足感を得やすくなりますが、物足りない時や「飲む」のではなく「食べたい」気分の時などは、ヨーグルトに混ぜるのも良いですね。
牛乳と同様にカロリーは高くなってしまいますが、ヨーグルトの栄養が摂れて食事をしている感覚になるので、より高い満足感を得られるでしょう。

「ベジホッと」の効果的な飲むタイミング

温かい飲み物は体も心もホッとしませんか?
ベジホッとで、しっかり栄養を摂りながら、ホッとしたいものですね。
ベジホッとは、どのタイミングで摂られることもオススメですが、短期間でダイエットを目標とされている方は食事の置き換えをオススメします。

朝食の代わり・昼食の代わり・おやつの代わり・夕食の代わり、いつでもOKです。

朝専用と夜専用の2種類がありますが、基本的にどちらをいつ飲んでも問題ありません。
それぞれ朝と夜の気分や状態に合わせて飲んでいただきたい味や内容で配合してありますが、健康食品なので、基本的に問題ありません。

ベジホッとは、緑の野菜中心ではなく、トマトを中心に配合して作られています。
もちろんトマトの他に沢山の野菜などから作られており、しっかりと栄養を摂取できます。

美味しく、しっかり栄養を補給し、心も体もキレイにダイエットをするために「ベジホッと」をオススメします。

このページの先頭へ