フレッシュライフスムージーの美味しいオススメの飲み方と飲むタイミング

フレッシュライフスムージーって?

最近、なにかと話題の粉末(パウダータイプ)のグリーンスムージーですが、何を基準に選んでいるでしょうか。
そもそもグリーンスムージーとは、たくさんの野菜や果物を簡単に摂れるので、健康や美容・ダイエットなどに効果的ということで注目されています。
しかし、毎日野菜や果物を小さくカットしてミキサーにかけて撹拌させて作る作業は意外と面倒です。

そこで粉末タイプのものが、注目されているのですね。
しかも粉末タイプのものの方が、多くの材料から作られているので栄養素も凝縮されています。
前置きが長くなりましたが、より多くの栄養を摂り健康や美容・ダイエットに効果的なものを摂りたいと思うことでしょう。

そこで「フレッシュライフスムージー」を紹介します。
フレッシュライフスムージーは、ダイエットのための辛い食事制限や辛い運動などしなくて良いのです。
食べても良くて、運動しなくても良い、辛いダイエットをしなくても、フレッシュライフスムージーを取り入れることで、痩せやすい体になれることが期待できます。
もちろん多くの栄養素が凝縮されているので、健康にも美容にもダイエット中の栄養もしっかり補えます。
ただ、毎日のことなので、水に混ぜて飲むだけでは飽きてしまいますよね。
そこで、フレッシュライフスムージーのオススメの飲み方を紹介します。

フレッシュライフスムージーのオススメの飲み方

口コミでのオススメの飲み方一覧

年齢・性別フレッシュライフスムージーのオススメの飲み方
28歳女性水割り
30歳女性豆乳または牛乳
25歳女性炭酸割り
22歳女性牛乳割り
35歳女性牛乳、豆乳割り
26歳女性牛乳割り
42歳男性低脂肪乳割り

フレッシュライフスムージーのランキング1位の飲み方はコレ!

牛乳割り

スッキリした味わいになる牛乳割りが口コミで好評の飲み方になりました!

豆乳割り

豆乳をそのまま飲むのは苦手という方も少なくないと思いますが、フレッシュライフスムージーを豆乳割りすると、豆乳の味がいい感じに混ざり合い、豆乳の癖を感じることなく美味しく飲めます。
豆乳が苦手という方にも、その飲み方でしたらオススメできる味になるので、フレッシュライフスムージーの効果と豆乳の効果を同時に摂取できるのでオススメします。

牛乳割り

フレッシュライフスムージーを牛乳で割ると、マイルドな味になります。
水で割るのが基本となりますが、水で割るとフレッシュライフスムージーの香りが際立つので、野菜が好きな方にはオススメですが、野菜が苦手な方は牛乳割りすると、飲みやすくなるでしょう。
水で割ると、果汁100%ジュースのような味わいを楽しめるのに対し、牛乳で割り、シェイカーで混ぜると、フワフワのスフレを食べているような感覚が楽しめます。

2種類の味から選べます

フレッシュライフスムージーは、目的別に「フレッシュライフスムージーマキベリープラセンタ」と「フレッシュライフスムージーグリーンファイバー」の2種類があります。
どちらも基本の材料は同じですが、美ボディー・全身美を目指す方へマキベリーを加えたものと、くびれ・美脚を本気で目指すタイプの方へのグリーンファイバーがあるので、例えば2種類を交互に飲むのであれば、それだけで2種類の楽しみ方があります。
更に牛乳や豆乳で割ることで、全てが2倍の楽しみ方が味わえるというわけです。

その他にも、ヨーグルトやジュースなど、色々なものに試してみて自分好みのレシピを見付けるのも楽しいですね。

「フレッシュライフスムージー」の効果的な飲むタイミング

続きまして、「フレッシュライフスムージー」の効果的な飲むタイミングについて紹介します。

フレッシュライフスムージーは、腹持ちがかなりいいのがオススメポイントでもあります。
お腹にずっしり溜まるから、ダイエットに向いているという口コミもあります。
同じような粉末タイプのグリーンスムージーでも、すぐにお腹が空いてしまうというものもあるようですが、フレッシュライフスムージーは、そのようなことを回避できそうです。

そこで、オススメの飲むタイミングは、「食前」もしくは「置き換え」です。
食前にフレッシュライフスムージーを飲み、空腹ではない状態で食事をすることで、食べ過ぎることはなくなります。
また、空腹の状態の時の方が、体は栄養をより吸収しようと働くので、空腹時に飲むことをオススメします。

フレッシュライフスムージーは、1杯でしっかりお腹もいっぱいになりますし、栄養もしっかり摂れるので、ダイエットには置き換えをすることをオススメします。

ご自身の目的に合わせて、飲むタイミングも工夫してみてください。

自分には合わないと思われた場合は返金保証もありますので、是非お試しいただきたいと思います。

このページの先頭へ