チアシードをスムージーに…どうなの!?

チアシードは最近話題になっている食材で、古くから南米で栽培されてきた果物であるチアの種の事。このチアシードをスムージーに取り入れることができるというのですが、どのような効果があるのでしょう。

チアシードの特徴

チアシードが注目されている理由の1つに、「水分を含むと膨らむ」ということがあるでしょう。それも10倍ほどに膨張すると言われています。ダイエットの大敵は空腹ですから、お腹で膨らみ満腹感を得られる可能性が高いチアシードを取り入れることでより楽にダイエット効果が得られる事が考えられます。
チアシードは水分に触れるとゼリー状に膨らみますが、これはグルコマンナンと言われる物繊維で、人には消化ができないと言われています。コンニャクにも含まれる有名な成分でしょう。胃の中でも水分を吸うことで膨れるため少量の摂取でも満腹感を得られるチアシードは、ダイエットに効果的な食材と言うことで話題になっています。
また、老廃物を吸収し身体の外へと排出するよう働いてくれますから、美容効果も期待できるでしょう。

チアシードの栄養素

チアシードには、食物繊維以外にもカルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄分、18種類のアミノ酸なども含まれ、栄養素としてもかなりの効果があると考えられます。さらに「オメガ3脂肪酸」までも含まれています。オメガ3脂肪酸の効果としては、コレステロール値を下げる効果や高血圧の予防だけでなく、ダイエット効果も期待できます。オメガ3脂肪酸はエゴマ油やシソ油、青魚などの一部の食品にふくまれ、体脂肪を落とす効果があると言われているためダイエットにも欠かせない成分です。
また、チアシードは1日に必要な栄養素の半分ほどが大さじ1杯で摂取できるとも言われています。

チアシードはスムージーにどのように使う?

チアシードは味も匂いも特にクセがなく、プルプルプチプチとしたタピオカに似た食感で、特に手を加える必要もなく飲み物などに加えるだけで食べることができます。普段のスムージーにチアシードを取り入れることで、満腹感と共に栄養素も摂取することができ一石二鳥ともいえるでしょう。
但し、水分を十分に含ませる前に食べてしまうと胃の中の水分を吸ってしまうため便秘気味になる可能性もあります。10分程度水分に浸した状態を保ってから食べのがオススメです。さらに、水溶性の食物繊維が多く含まれるため、摂取しすぎるとお腹がゆるくなる可能性もありますので気を付けましょう。
栄養素と満腹感が得られるチアシード、いつものスムージーにくわえてみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ