スムージーの飲み過ぎ!何がいけないの!?

健康と美容に良いスムージーも、飲み過ぎることで体調に悪影響を及ぼすこともあるのをご存知でしょうか?
人の食生活は身体を作るうえで重要な役割を果たしていますが、もちろんスムージーにも当てはまります。
習慣として継続して飲むことが多いスムージーも、好きなものばかりをたくさん飲み過ぎることで大切な身体への影響があるでしょう。
ダイエットについても、スムージーさえ飲んでおけば安心という考え方は間違いと言えます。

スムージーを飲み過ぎることで考えられる影響とは

ダイエット効果が0

スムージーをダイエットのために飲む人も多くいらっしゃいます。スムージーには野菜と果物を使いますが、その作り方が正しくなく、更に飲み過ぎることで、全くダイエット効果を得ることができません。
口当たりや好みの味を追求しすぎて、糖分の多く含まれている果物を使い、飲み過ぎることで太ることもあるでしょう。消費されない糖分は身体の中で脂肪分に変わりますから、スムージーの内容と量には注意が必要です。
ダイエットのためではないとすれば、カロリーの高いスムージーを飲み過ぎれば太っていくのは間違いないでしょう。

身体の冷え

冷たく冷やしたスムージーを飲み過ぎることは、内臓を冷やすことになります。消化不良が起こることの考えられますし、冷え性の人にとっては、身体はより冷えることになり、体調悪化につながる可能性があるでしょう。
酵素を効率よく取り入れるためには、低温のまま飲むことが大切ではありますが、体温よりも低い飲み物は身体を冷やす原因になります。身体の冷えは体調不良だけでなく美容面でも悪影響ですから、気を付ける必要があります。身体を冷やさないためには冷やしすぎないのはもちろんの事、大量に一気に飲むことは避け、ゆっくりと一口ずつ飲みましょう。

体内の機能低下

スムージーばかりを頻繁に摂取し飲み過ぎることは、通常の食事のように咀嚼することなく胃の中に入る可能性があるため、内臓の機能低下につながります。内臓の機能が低下すれば、せっかくの栄養素も吸収することができません。細かく砕かれて摂取することは内臓の負担になりにくいことはありますが、その分胃や腸の筋肉を使うことが減るためにぜん動運動を行う筋肉が衰えることにないります。
1日の食事がスムージだけということは避け、スムージーであっても咀嚼することを心がけましょう。咀嚼し唾液しっかりと含むことで唾液中の酵素が栄養を分解し、スムーズに消化が始ま理ます。飲み込むまでにゆっくりと時間をかけることをオススメします。
また、噛まない食事を頻繁に続けることはセロトニンと呼ばれる物質の分泌が減ることがあります。セロトニンは満腹感を得る効果だけでなく気持ちを落ち着かせる作用があるため、減ることで気持ちが不安定になる可能もあります。

何事にも度が過ぎないように

スムージーは健康的飲み物と言えますが、何事も摂りすぎは危険です。偏った食生活は体調不良を起こすことになります。スムージーでなくても、同じ食材を摂りすぎることは良いことではありませんので、バランスを考え飲み過ぎに注意することも必要でしょう。
普段の食事にスムージーという選択を加えるという考え方で、偏ることなく食生活を整えましょう。

このページの先頭へ