スムージーを夜に!置き換えダイエットの秘訣

スムージーと言えば置き換えダイエットですが、置き換えるのは朝でも昼でも夜でも問題ないものです。しかし一日のカロリーを考えれば夜に置き換えるのが一番効果を得られる可能性もあります。
飲むタイミングによって違った効果があるのも見逃せないでしょう。場合によっては夜にスムージーを飲むことも考えてみると良いのではないでしょうか。

夕食をスムージーに置き換えることでのメリット

朝に置き換える人が多いスムージーを夜に置き換えることで、様々なメリットがあります。

就寝までにしっかり消化

スムージーは通常の食事よりも消化が早く、摂取してから1~2時間で消化されます。夜にスムージーに置き換えることで、就寝時には胃の中は空っぽになっていると考えられます。胃の中に未消化のものが残っていないことで副交感神経が優位になり、質の良い睡眠を得ることができるでしょう。質の良い睡眠は、美容にも効果的ですし、女性ホルモンの分泌も促されます。
通常の食事であれば、消化されるまでに5~6時間ほどかかると言われているため、その差は歴然です。しっかりと消化がされた状態で就寝することで、栄養の吸収も良くなります。

ダイエット効果アップ

夜の食事のカロリーは、大抵の場合1日で一番多いと考えられます。そのため夕食をスムージーに置き換えることは、他の食事に置き換えるよりも効果があるでしょう。また、胃腸を働かせる必要が少ないため酵素が代謝に使われ新陳代謝の促進になります。

肌への効果

肌の再生は睡眠中に行われます。スムージーを夜に置き換えることで、吸収された栄養を肌の細胞に効果的に届けることができるでしょう。眠っている間にキレイになるための栄養をしっかり吸収していることで、効果がアップします。

朝よりも時間がある

朝の忙しい時間にスムージーを作るのは意外に大変です。慌てて作る必要のない夜であればアレンジもでき、少し凝ったレシピも楽しめるのも良いところでしょう。ゆっくり作ってリラックスしながら飲むことができます。

スムージーを夜に置き換えることのデメリット

夜はリラックスできる時間ですし、外食をする人も多くいらっしゃいます。そうでなくても、夕食から就寝までの時間帯に空腹感を感じ、どうしても何かを食べたくなる可能性が高いです。
就寝までの時間が長ければ長いほど苦しい思いをする可能性が高いため、それなりの覚悟も必要でしょう。逆にいつも遅い時間に夕食を摂る人や日によって夕食が遅くなる、というようなタイプの人には日によって夜に置き換えるのもオススメと言えます。
その時の状況に応じて臨機応変にスムージーを活用することで徐々に効果を得ることができるでしょう。

このページの先頭へ