スムージーの賢い飲み方をマスターしよう

スムージーの効果は多くありますが、飲み方によっては効果に差が出ます。せっかくの努力を無駄にしないためにも、間違った飲み方をしないように気を付けましょう。

スムージーのダイエット効果

スムージーをダイエットのために飲んでいるという人は多いと思います。美容と健康を気遣いながらダイエットができるのがスムージーでのダイエットの良いところでもありますが、飲み方を間違えれば、その効果は得られない可能性もあります。スムージーは飲むだけで痩せるということはありません。

1食の食事に置き換える

1日の食事のどれか1つをスムージーに置き換えることで、摂取カロリーを減らすというのがスムージーを飲んでダイエットにつながる理由です。そして、スムージーを飲んでいるからと安心して間食を増やすことも控えなければなりません。

間食の代わりに飲む

ダイエット中の間食は絶対に避けたいところですが、どうしても空腹感に耐えられなくなる時もあるでしょう。そのような場合にも、低カロリーに作ったスムージーであれば間食代わりに飲むことで効果を得られるでしょう。これまでの間食のカロリーよりも大幅に低く抑えることができる可能性もあります。その効果を得るためには、カロリーを把握しておく必要があります。

食事の前に飲む

食事の前にスムージーを飲むことで満腹感を得て、その後の食事の量を減らすこともできるでしょう。食事を100%スムージーのみにすることが辛い人にとっても、夕食の40分ほど前に飲むことで、食べ過ぎを防ぐことが可能でしょう。

スムージー摂取のタイミング

スムージーを飲み方で一番良いタイミングは空腹時です。ダイエットであれば、食事と置き換えて飲みますから自然と空腹時になるでしょう。その他の場合にも胃に未消化のものが入っていない状態で摂取することで効率よく栄養素が吸収されます。また、他の食べ物を摂る場合にも40分は時間を空けましょう。

ゆっくりと飲む

スムージーを飲む時には、ゆっくりと口の中で咀嚼するように飲むことが大切です。食べ物は咀嚼しながら唾液に含まれる酵素によって消化しやすい状態になります。他の飲物のようにゴクゴク胃の中に流し込んでしまうと、消化を促進できないため栄養素を効果的に吸収しにくくなります。
咀嚼はそれ以外にもセロトニンという物質を分泌し、満腹中枢に刺激を与え食欲をおさる効果や気分を落ち着かせる作用もあるのです。食べたりないと感じることが多ければ、逆に暴食に走ってしまう可能性が高くなります。

継続することが大切

スムージーは継続的に飲むことで効果を得やすくなります。毎日、スムージーで野菜や果物を効率よく取ることで美容に効果があり、体内の老廃物も排出しやすくなります。そして少しづつダイエット効果も得られるのです。
牛乳やフルーツを多く使うことでカロリーがアップしてしま居ますので気を付けましょう。食材や飲み方を間違えなければ十分な効果を得ることができるでしょう。

このページの先頭へ