スムージーの賢い組み合わせ教えます

スムージーを作る時の組み合わせによって、効果が左右されるのをごそん時でしょうか。
大抵の場合、手に入りやすい野菜や果物を使うことが多いため、同じ種類の食材を度々使うことが考えられます。しかし、同じ食材を常に使うことは身体へ悪影響を及ぼす可能性もあるため、工夫が必要です。スムージーも普段の食生活同様、バランスが大切ですから食材の組み合わせは重要と言えます。毎日摂取するためには、食材選びも慎重にすべきでしょう。
また、食材によって組み合わせると良いものもあるので把握しておくと役立つでしょう。

繰り返し使うことのリスク

スムージーは、食物繊維やビタミン、ミネラルなどを豊富に摂れるのが良いところですが、摂取の仕方によっては「遅延型フードアレルギー」の原因になる可能性もあるのです。
ダイエット効果は即効性はないものの、気長に続けることによって効果が得られる可能性が高いため毎日継続して摂取しますが、習慣化するからこそ気を付けなければなりません。
身体に良いものも過剰に摂取してしまうのは良くありません。知らない間に体調不調を招くことも考えられるでしょう。

相性の良い組み合わせとは?

スムージーは生の食材を使うことがほとんどです。そのため、中には苦味や酸味がきつく飲みにくいものもあるでしょう。美味しくなければつづけるのが難しいと感じるでしょう。その場合にも組み合わせによっては、飲みやすく変えることが可能です。

好みの味に調える

柑橘系の酸味の強いものなどとの組み合わせには甘みの強いバナナがオススメ。甘みと酸味のバランスが良く飲みやすくなるでしょう。
また苦みの強いホウレンソウなどが飲みにくいと感じた場合にはハチミツなどを少量加えると飲みやすくなります。

栄養の吸収を考える

組み合わせ方によっては栄養素の吸収をより高くすることができる場合があります。

リコピンと脂肪

トマトのリコピンと脂肪を一緒に摂ることで吸収率がアップ。リコピンには抗酸化作用があり、アボカドには脂肪分が豊富です。そのためトマトとアボカドを組み合わせると効率よく吸収できるでしょう。

ビタミンCと鉄分

レモンなどに含まれるビタミンCはホウレンソウなどに含まれる鉄分と共に摂取することで吸収率がよくなり、さらに口当たりも良くなるでしょう。
鉄分は貧血の予防に、ビタミンCは美容に良いため女性に特におすすめです。さらにビタミンCとマグネシウムを合わせて取ることで代謝に役立ちます。

その他にも、ビタミンDとカルシウムも吸収率を上げるためには効果的です。

組み合わせを考えることは効果を左右する

ミキサーに入れるだけで出来上がるスムージーも、味の好みやその時あるものを入れるのではなく、体調によって組み合わせを変えるなどすることでより多くの効果を得ることが可能でしょう。毎日の事ですから、いくつかの組み合わせを考えておくと良いかもしれません。
また、スムージーには根菜やでんぷん質の多い野菜を入れるのは避けましょう。体内でガスが発生しやすくることや、お腹の調子を崩す可能性が高いです。特にキャベツやニンジンを使用する人が多いようですが、でんぷん質が含まれているため避けることをオススメします。
多くの事を考えると、やはり作る手間はかかります。臨機応変に無理せず続けられるように、混ぜるだけで簡単にバランスの良いスムージーが出来上がる粉末タイプなども常備しておくと安心でしょう。

このページの先頭へ