スムージーの持ち運び、これがオススメ!

多くの人が生活に取り入れているスムージーですが、他の飲み物のように持ち運びたいと思う人も多いようです。家だけでなく外出先でも飲むことができれば小腹がすいた時や食事の時間がない時に便利ですね。

もともと朝食のボリュームが少ない人にとっては、朝食に置き換えるよりも昼食にしたいと思う人もいらっしゃいます。夕食に置き換えるのが難しい人なら持ち運びができればより便利でしょう。
職場で昼食にスムージーを、と考える人も意外に多いかもしれません。
スムージーを持ち運ぶために便利な携帯用ボトルは使いやすいものを選びたいものです。中身が漏れることなく洗いやすいものが良いでしょう。
軽いものや保温性のあるものも季節を問わず使いやすいでしょう。

持ち運びのボトル選び

他の飲料と違い、液状であってもトロミがあるスムージーは飲み口が小さいものは扱いにくいし飲みにくいでしょう。飲み口が大きいものは、楽に洗うことができます。さらに蓋がしっかりと閉まるかどうかは重要です。

樹脂製

素材が樹脂でできているため軽くて持ち運びも苦になりません。模様やロゴなどセンスの良いものも多く種類も豊富なため、そういった意味でも楽しめるでしょう。

耐熱製

スムージーの温度を保ちたい場合には、耐熱製の水筒型のボトルが良いでしょう。しかし樹脂製ボトルよりも重いため、苦になる事もあるかも知れません。

ブレンダ―と一体型

スムージーを手作りする人にオススメなのは、ブレンダ―とボトルが一体になっているもの。ミキサーで作ってボトルに入れる手間もかからず、荒いものも最小限で済むので使いやすいです。作る為の手間はできるだけかけない事が継続的に続けるコツですから、持っておくと重宝するでしょう。

持ち運びに便利なのは粉末タイプ?

持ち運びという点で言えば、水や牛乳とまるだけで出来上がる粉末タイプのスムージーはオススメです。飲む時間ができた時にサッと混ぜてすぐ出来上がるうえ、軽いので持ち運びも簡単。気温の高い時期でも痛みや衛生面も気にする必要もありません。特に飲むまでに長時間放置する可能性がある場合には不安ですから、一つ用意しておくと便利ではないでしょうか。なかには1食分に小分けになっているものもあるため、時間のない時にも1つバッグに入れておけば安心でしょう。

個々のライフスタイルに合わせ、選択することで快適なスムージー生活を送れるのではないでしょうか。

このページの先頭へ