スムージーとは何?どう身体に良いの?

最近では多くの人がご存知のスムージー。元々はどのようにして作られていたかを知っている人は意外に少ないかもしれません。

基本は氷

スムージーとは、果物や野菜を凍らせて、または氷と共に砕いて作るシャーベットに近い冷たい飲み物。凍ったものを入れて砕くためには対応するミキサーでなければ不可能です。
もともとのスムージーには砂糖や乳製品は使用していませんでした。果物メインで作られるものや、グリーンスムージー言われる緑の野菜を多く使うものも増えてきています。
最近では冷たい飲み物を摂ることでの身体への負担を考え、氷を入れずに作るものもスムージーと呼ばれています。

野菜ジュースとの違い

市販で売られれている野菜ジュースとの違いは、野菜や果物を丸ごと使っているかどうかでしょう。ジューサーで作るジュースも絞った果汁を飲むため、繊維は含まれていないものですが、スムージーは野菜や果物をそのままミキサーに入れて作るため、栄養を丸ごと摂取することが可能です。

スムージーの特徴

スムージーは野菜や果物を多く摂取することができるため、サラダなどで食べるよりも栄養素が豊富に取ることができます。また、細かく砕くことで食材の細胞壁が破壊され栄養素が吸収しやすい状態なので、身体への負担が少なく消化吸収が進みます。
野菜や果物の細胞壁は大切な栄養素をしっかりガードしているため、しっかり噛まなければ吸収しにくく効果が得られない場合があります。
また、丸ごと摂取することで食物繊維もしっかりと摂取できます。野菜ジュースと違い、食材をそのままよく噛んで食べているのと同じような効果を得ることが可能ですし、生の野菜をそのまま摂ることで豊富な酵素を含み、健康と美容に効果があるでしょう。

色々なタイミングでの摂取

栄養素の豊富なスムージーの摂り方には色々なタイミングが考えられます。空腹時であれば栄養素を効率よく吸収できますし、低カロリーな間食としても重宝します。食前に飲むことで食事の量をカットすることができますし、不足した栄養を補うために意識して飲むことも可能でしょう。普段の食事ではなかなか十分な野菜を取ることは難しいでしょう。その点スムージーは必要な野菜を摂取することがより簡単にできます。一日の足りない栄養を補うことも可能です。

健康的なダイエット

ダイエットをするうえで大切なのは、体調管理をしっかりしながら行うことができるかどうかです。スムージーで必要な栄養素を摂り、一食の食事に置き換えることで、油分や塩分、カロリーを大幅にカットできるため自然にダイエット効果を得ることが可能です。さらに、過剰な空腹感に耐える必要もそれほどないため継続的に摂取することも可能でしょう。
栄養豊富なスムージーを摂りながらのダイエットは美容効果も高く、上手く利用すれば満足な効果を得ることができるでしょう。正しく作ることで、カロリーは最小限に抑え栄養素は高いという優秀な飲み物を摂ることができます。

このページの先頭へ