グリーンベリースムージーダイエットの美味しいオススメの飲み方と飲むタイミング

グリーンベリースムージーのオススメの飲み方

野菜や果物を撹拌させて作る「グリーンスムージー」ですが、基本的に決まりごとはありません。
ご自分の好きな(摂りたい)野菜と果物を水や牛乳などの水分と混ぜて作るというものです。
甘いものがお好みでしたら、バナナなど甘い果物と作ると良いですし、さっぱりしたものがお好みでしたら、柑橘系と作ると良いですね。
野菜によって相性もあるので、色々なレシピを参考に自分オリジナルを作るのも楽しみの1つではないでしょうか。

しかし、毎日となると負担にもなってくることでしょう。
そこで最近は粉末タイプのグリーンスムージーが話題となっています。

本気で痩せたい・芸能人もハマっている・濃厚で満腹感のある、野菜スムージーダイエットができる「グリーンベリースムージー」をオススメします。

粉末タイプのグリーンスムージーなので、水に混ぜて飲むことが基本となります。
しかし毎日のことなので、色々アレンジしたいですよね。
そこで、グリーンベリースムージーオススメの飲み方を紹介します。

口コミでのオススメの飲み方一覧

年齢・性別グリーンベリースムージーのオススメの飲み方
30歳女性豆乳割り
35歳女性水割り
32歳男性牛乳割り
29歳女性豆乳割り、または水と牛乳を半々
51歳男性ヨーグルト割
30歳女性冷やして飲む
35歳女性水で割って飲む
27歳女性豆乳や牛乳と混ぜて飲む
24歳女性豆乳割り
38歳女性豆乳、水などと混ぜて飲む
35歳女性ヨーグルト+牛乳割り
24歳女性炭酸割り
52歳女性豆乳割り
31歳女性水割り

グリーンベリースムージーのランキング1位の飲み方はコレ!

豆乳割り!

豆乳の栄養素も加わり、満腹感も増えるのでオススメです。
でもオーソドックスな水割りも人気が高い飲み方の1つですね!

基本は水

まずは水に混ぜて作ってみてください。
グリーンベリースムージーの粉末を専用シェーカーに入れ水を加えます。
フタを閉じてシェイクするだけでアッという間に完成します。

見た目は青汁ですが、味は甘酸っぱいベリー味です。
見た目と味のギャップに驚くかもしれませんが、美味しく仕上がるので、野菜が苦手な方でも美味しく飲めることでしょう。

グリーンボウル

アサイ―ボウルが話題となっていますが、グリーンボウルもオススメです。

シリアルの上に、果物などをお好みで乗せ、濃いめに作った濃厚なグリーンベリースムージーを乗せてお召し上がりください。
水に混ぜて飲むのとは、違うもののように変身します。
グリーンベリースムージーは、濃厚なので、水に混ぜて飲むことでも満腹感を得られますが、グリーンボウルにすることで、噛むという動作も加わるので更に満足度がアップすることでしょう。
食後のデザートや、おやつにもいいですね。

毎日のことなので、飽きないように、このようなひと工夫をしてみるのもオススメです。

牛乳や豆乳に混ぜる

グリーンベリースムージーの粉末を牛乳や豆乳に混ぜて飲む方法もオススメです。
より栄養を摂りたい場合は水に混ぜるよりも豆乳などに混ぜるといいかもしれませんね。

しかし牛乳や豆乳はカロリーがあるので、栄養バランスとカロリーとの兼ね合いもポイトンとなるかもしれません。
しかし、グリーンベリースムージーの粉末を牛乳に混ぜた場合のカロリーは約170キロカロリーで、豆乳に混ぜた場合は約160キロカロリーと、どちらも低カロリーです。
置き換えダイエットや、おやつに飲むのも満足できる1杯になるのではないでしょうか。

ダイエットに不足しがちな栄養素をしっかり、美味しく補給できる「グリーンベリースムージー」を、より美味しくいただくための方法を紹介しました。
この他にも、色々とお試しいただき、美味しい1杯を見付けてください。

グリーンベリースムージー効果的な飲むタイミング

オススメの飲み方の次に、「グリーンベリースムージー」の効果的な飲むタイミングを紹介します。

飲むタイミングに決まりはありませんが、水分を吸収して17倍に膨れ上がるグルコマンナンや30倍にも膨れ上がるサイリウムを採用しているので、食事前に飲むことで、食事で満腹感を早く得られ食べ過ぎを防げることが期待できます。

また、1杯で満足・満腹できることが期待できるので、短期間でダイエットを成功させたい方は、食事の置き換えダイエットをオススメします。

美味しく栄養たっぷりのグリーンベリースムージーを効果的な飲むタイミングで摂ることで、より高い効果を実感してください。

このページの先頭へ