グリーンスムージを作るなら果糖に注意!

グリーンスムージーは野菜と果物を使いますが、果物の果糖についての正しい知識がなければダイエット効果や美容効果が得られない可能性があ理ます。
取りあえず何でも入れて作ってしまうと、効果が得られないどころか逆に悪影響になる事もあるため、注意が必要です。

グリーンスムージーの果糖による影響

グリーンスムージーは濃い緑の野菜を使いますが、使う食材によっては野菜の青臭さが気になって飲みにくいことがあるでしょう。そのような場合には、果物を多く入れてしまいがちです。また果物以外にも砂糖やハチミツなどを使用する人もいらっしゃるかもしれません。果物はカロリーは低くダイエット向きではありますが、摂りすぎにはやはり注意すべきでしょう。種類によって果糖の量は上下しますが、果物の1日の摂取量は200gと言われていますから、それ以上は摂らなないように心がけると良いでしょう。

飲みすぎによる糖分過多

ダイエットのために1日に多くのグリーンスムージーを摂取する人もいらっしゃるでしょう。しかし、果糖が多く含まれるグリーンスムージーを飲みすぎることで、カロリーオーバーになる事が考えられます。そうなれば、ダイエットどころか逆に太ってしまう可能性もあるのです。果物の果糖はそれほど多くはないものの、適量を考えて摂取しなければ、身体へは良くない影響があるでしょう。果物の果糖も砂糖の果糖も身体の中に入れば同じような作用が起こります。
空腹時に摂取することが多いグリーンスムージーの栄養分は、ダイレクトい吸収されやすく、糖質についても吸収されやすいと言えるでしょう。

糖化することで老化促進

多くの果物を使い果糖がたっぷりのグリーンスムージーを飲むことで、身体の中のタンパク質や脂肪と果糖が結びつき、「糖化」されることになります。糖化されたタンパク質が身体の中に蓄積されると、柔軟性が悪くなり肌の弾力を低下させることになります。
肌のたるみやくすみだけでなく、骨粗しょう症やアルツハイマー、糖尿病などへの影響もあると言われています。過剰な果糖の摂取は太るだけでなく老化を促してしまうこともあるのです。

グリーンスムージーの摂り方を考える

グリーンスムージーは使う果物や量に気を付ければ、多くの効果を得ることが可能です。グリーンスムージーを飲めばダイエットになるということだけを考え毎日摂取することで、逆に太ったり身体の老化を促してしまったら元も子もありません。
摂取カロリーを把握し、美味しさだけを追求して果物を使い過ぎることは避けましょう。上手に使えば果物はビタミンを多く含むものも多いため美肌効果を得ることも可能です。
自作のグリーンスムージーも良いですが、色々な手間や管理を考えれば、バランスを整えてある粉末タイプのグリーンスムージーを利用するのもオススメと言えるでしょう。

このページの先頭へ